血糖値を下げる食材BEST3

血糖値を下げる為には食事内容を見直し、改善することが非常に重要です。

 

食事内容を血糖値を下げる働きのある食材にすれば、食事は毎日摂るものなので効率よく血糖値を下げていけるでしょう。

 

血糖値を下げる働きのある食材ですが、食物繊維が豊富なもの・ミネラルの一つであるクロムが豊富なものを選ぶと良いです。

 

なぜかと言うと、食物繊維は糖分の吸収スピードを遅くする働きがあるので、食事の後に血糖値が上がるのを抑えてくれます。

 

食物繊維がたくさん含まれているのは、ゴボウ・かぼちゃ・きのこ類・こんにゃくなどがあります。ミネラルの一つであるクロムは、インシュリンの働きを良くします。インシュリンの働きが良くなると、糖分を積極的に分解してくれるので、結果として血糖値が下がっていきます。クロムは、アーモンドやマカダミアなどのナッツ類・貝類・きのこ類にたくさん含まれています。

 

加えて、たまねぎを食べると血液がサラサラになるというのを耳にしたことがある方もいると思いますが、何故かというとたまねぎには血糖値を下げる働きがあるからです。

 

また、沈黙の臓器ともいわれる人間の大切な肝臓にはしじみや牡蠣などが良いとされています。これらに含まれるタウリンやオルニチンなどが肝臓の解毒作用をサポートし肝機能を高める手助けとなるようです。

 

参考:【しじみサプリ比較ランキング】肝臓に良いしじみサプリはコレでした。

 

目安となる摂取量は、1日に1/4個くらいです。それ以上食べても害にはなりません。オクラのネバネバした成分も血糖値が上がるのを抑制してくれます。

 

オクラのネバネバした成分は食物繊維の一つなので、食物繊維と似た効果を発揮してくれますし、マグネシウム・ミネラルといった栄養もあって、インシュリンの働きを良くするのです。

 

沖縄原産のシークァーサーにも血糖値を下げる働きがあります。もしかしたらこのシークァーサーが沖縄県の方の長寿の秘訣なのかもしれませんね。

 

このように、血糖値を下げる働きのある食材を積極的に食事に取り入れて、効率よく血糖値を下げていきましょう。


このページの先頭へ戻る