葉酸が不足すると危険な症状が!

私たちの体に不可欠な栄養素である葉酸が不足することで、妊娠中におなかの中の胎児の奇形発生率が高くなると言うことは、最近よく知られていることでしょう。

 

また、その他にも葉酸が不足することにより引き起こされる、様々なトラブルがあると言われています。

 

私たちの体内に摂り入れられた葉酸は、腸内細菌によって合成が行なわれるため、風邪を引いたり病気をした場合などして抗生物質を服用するなどした場合、腸内の細菌バランスが崩れ、葉酸不足の状態になることがあるとされています。

 

このように葉酸が欠乏する場合、ことにより消化器系の粘膜トラブルとしての症状などが発生し、いわゆる口内炎や舌が赤くなるなどの舌炎が起こることがあるようです。また、それ以外にも胃や十二指腸の潰瘍を作っってしまったり、下痢や食欲不振といった症状なども葉酸が欠乏することにより現れてくる症状のひとつと言っていいでしょう。

 

さらに、葉酸は造血にかかわる働きも関係するため、葉酸が欠乏すると赤血球の生産が減り大球性貧血や白血球減少症などを起こしてしまうのです。

 

その他には、妊娠によってやアルコールを飲酒することでも、葉酸の欠乏が進むと言われているのです。さらに、葉酸の欠乏により引き起こされる精神的、神経的な症状としては、記憶障害や不眠症、不機嫌というものも挙げられています。

 

そして、葉酸を摂取していても上手く吸収することができない吸収障害により、様々な症状が現れてきます。特に、葉酸の欠乏により心筋梗塞のリスクが高まるということが最近の研究によって明らかになってきているのも認識しておきたい点でしょう。

 

このような様々な症状を引き起こしてしまう葉酸の不足を防止するためにも、そして、より健康のためにも、葉酸は日頃から積極的に摂取する事が望ましいと言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る